大手会社の中にグレーゾーン金利を提示してるところはない

グレーゾーン金利について

 

キャッシングを利用する際、そこには必ず金利というものが付いてきます。これは各々会社がそれぞれ利率を定めており、利用者が会社を選ぶ大きな判断材料の1つとなります。しかしこれは利率制限法という法律で一定の数字が決められており、法外な金利の提示は当然違法になります。現在、キャッシング会社が提示している一定の数字は以下のものです。

 

  1. 元本10万円未満で年20%
  2. 元本10万円以上100万円未満で18%
  3. 元本100万円以上で15%

 

しかし例外な規定などで作りだした既定の書面を渡し、上記の利息よりも利用者が多く支払ったとしても法には問われないと言う抜け穴があります。この場合の上限の金利は29.2%で、グレーゾーン金利と言うのは、この上限金利と通常金利の間のことなのです。

 

グレーゾーン金利の現状

グレーゾーン金利と言うくらいですから、これはあまり良いものというわけではありません。債務者は大きな損をするわけですから、基本このような金利を大手などの消費者金融が提示する事はありません。ではどのような会社が利用しているのかというと、個人が行なっている金融業、そして言わば闇金です。これらは他の会社の審査で通過しなかった人やすぐにでも高額の融資を必要としている方など、頼るところが無い人々の弱みに付け込んで法外な金利で貸し出しを行なっているわけです。

 

しかし2010年6月18日、出資法の上限金利が20%まで引き下げられ、同時に貸金業法改正が行なわれたことにより定められた金利以上の金利を要求した場合には処分の対処になることによって、グレーゾーン金利は実質的には無くなりました。それ以前からグレーゾーン金利の問題は大きな問題となっており、裁判所に助けを求める方も多くいました。近年、過払い金という言葉をCMなどでも耳にするようになりましたが、返済要求ができるようになったのもこの法改正のおかげと言えます。

 

これはキャッシング利用において至極当然のことですが、いくら身近に利用できるからと言ってもこれは他人からお金を借りると言う行為です。またキャッシングは全てを自分1人の責任で行なえることが手軽さの魅力になっているため、もしも何かあった時には1人痛い目を見ることになりかねません。甘い誘い文句には乗らず、しっかりと会社を見極めて利用する事が大切です。

 

  • 法律で金利は決められている
  • 多少の差異はあれ、どこも一定の範囲内
  • グレーゾーン金利は闇金などが利用している

 

終わりに

当サイトで掲載されている大手会社の中にグレーゾーン金利を提示しているところはありません。大手には大手になるだけの安心・安全があります。中にはこれ以上の金利を提示している街金も存在します。利用の際は大手を!これはキャッシングの基本ですので、しっかりと心がけましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日