会社側が審査を行なった上で設定している

限度額について

 

お金の借入が行なえるキャッシングですが、望めばどんな高額な借入でも行なえるわけではありません。「限度額」と言うものが存在します。これはその名の通り借入が行なえる限度の金額のことですが、その額は誰にでも一定に決まっているものではなく、会社側が審査を行なった際に、この人であればこのくらいまで…というように決められます。

 

これは利用者の返済能力から過去のキャッシング利用、また携帯料金からクレジットカードの支払い態度、いわば事故と呼ばれる過去の記録に至るまで、そのひとのキャッシング利用における態度を反映させて決められていきます。そのため収入が多くとも、過去に滞納などの記録が残っている人に多額の限度額を提示する事もなければ、初の利用者に融通を利かせる会社もありません。しかし会社とのしっかりとした信頼関係が築け、正しく利用してさえいれば追加融資などによって限度額が増やされることも考えられます。

 

限度額を上げる方法はあるのか?

主な限度額判断の基準は上記した通りですが、他にも以下のような事柄があげられます。

 

勤務先情報

これは利用者の入手源の確認と言ったところになり、返済能力の有無に直結します。虚偽の申告をする人もいるため、記入ミスであっても限度額はおろか、審査事自体に大きく響いていきます。

 

保険への加入の有無

これは加入している保険の種類までもが大きな判断材料となります。その理由としては国民健康保険よりも社会保険のほうが収入が大きいと判断されるからで、安定した会社員の方が優遇が効くのもまた同じです。

 

所在地情報

所在地を知らせるというのは信頼を築く上で最も重要になってきますし、当然その信頼が限度額へも繋がります。

 

キャッシング利用の目的

利用目的はできるだけ細かく記載するのが良いですが、あくまでも返済するものですので博打などの確証のないものや必要に迫られない物事をかくのは信頼を損ねかねません。本来これはキャッシングを利用する前に考えなくてはならないことですが、あまり返済の希望が見えないことを記載するのは避けた方が得策ですが、虚偽の申告はなお避けてください。

 

 

何度も言うように限度額は、会社側との信頼の大きさで決まります。収入の範囲を越えたあまりにも高額な限度額は難しいかもしれませんが、以上のことをしっかりと提示する事を心がけましょう。

 

  • 初利用での多額の限度額は望めない
  • できる範囲の限度額を得たい場合は、事前の準備を済ませよう
  • 博打などの返済が見えない借入は避けよう

 

終わりに

限度額の大きさは信頼の大きさでもあるので、初利用の方へ限度額分の貸出を行なう会社はありません。できるだけ多くの金額を借入したいと思うのも当然ですが、やはり信頼あってのことです。正しい利用を心がけ信頼を築きあげていくしかないので、やはり自分に合った利用が1番の必要材料になってきます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日