銀行などの金融機関から融資を受ける際には、連帯保証人や保証人が必要

連帯保証人と保証人の違いについて

銀行などの金融機関から融資を受けるには、多くの場合で連帯保証人や保証人が必要となります。連帯保証人と保証人は共に、債務者に変わって返済義務を負担する者ですが、負担する義務の大きさが異なります。連帯保証人は債務者が債務の弁済に応じない場合に、債務者に代わり債務全額の弁済に応じなければなりません。

 

債権者が、債務者よりも連帯保証人を取り立てた方が債務の回収を図れると判断した場合には、債務者に財産があっても連帯保証人が弁済に応じなければならないこともありえます。つまり連帯保証人は、債務者と同レベルの責任を負担していることになるのです。

 

一方、保証人は連帯保証人に比べて背負う責任は軽減されています。債権者が保証人に返済を要求するためには、第一に債権者に対して返済を求める必要があります。また保証人が複数いる場合には、債務額を保証人の数で割ることが可能となります。保証人が二人いれば債務負担額は半額となるのです。しかし連帯保証人については、連帯保証人が何人いても負担が軽減されることなく全額の返済を要求されることになります。

 

連帯保証人や保証人がいる融資では利息が低い

このように債務者にもしものことがあった場合、金融機関は連帯保証人や保証人から融資の回収を図れることになります。連帯保証人や保証人がいると、融資が貸し倒れるリスクは限定されることになるのです。

 

金融においてはリスクがい融資に関しては利息は高くなり、リスクが低い融資に関しては利息は低くなります。リスクがい融資については貸し倒れる可能性が高くなり、それに見合った利益を回収する必要があることから、利息が高く設定されるのです。

 

目的別ローンのメリット

カーローンやビジネスローン、ブライダルローンなど目的別ローンについては、銀行融資と同様に保証人が必要とされます。そしてこれらのローンは保証人が必要とされる分、金利が低く設定されています。

 

そこで借り入れが必要で保証人のなり手があるのであれば、これら目的別ローンを利用することも選択肢となります。これら目的別ローンを利用すれば、軽い金利負担で借入れすることが可能となるのです。

 

キャッシングのメリット

目的別ローンを組む際に問題となるのが保証人の存在です。連帯保証人や保証人は重い責任を負担することになるため、なり手を探すのが大変です。引き受けてくれる人物がいなければ、それらの融資を受けることはできません。

 

他方、キャシングでは保証人は必要とされません。そのためキャッシングは利用しやすく実用的なのです。特に急な出費に迫られた場合など、すぐに融資して貰えるキャッシングは、もしもの時に威力を発揮します。

 

キャッシングにおいて大切なこと

キャッシングでは保証人が必要とされないためにお手軽です。しかしその分、計画的に利用する必要があります。保証人がいない分、キャッシングの利息は通常の融資より高め設定されています。

 

無計画にキャッシングを利用すると、元本の返済が続かず、債務が膨らんでゆく可能性もあるのです。保証人が必要な融資であれば、保証人に迷惑をかけられないとの思いから返済について真剣に取り組むものです。

 

しかし保証人が必要ないキャッシングでは、返済が遅れても誰にも迷惑をかけないために、返済が杜撰なものになりがちなのです。キャッシングも借り入れである以上、計画的な返済が必要です。

 

元本の返済がなされない限り、金利を払い続ける羽目になり、債務は膨らみ続けます。その結果、最悪の場合は自己破産にまで追い込まれかねないのです。

 

まとめ

銀行などの金融機関から融資を受ける際には、連帯保証人や保証人が必要とされます。連帯保証人や保証人は、融資に関して債務者と同様に重い責任を負担するため、貸し手である金融機関にとって融資のリスクが低くなります。リスクが低い融資に関しては、金融機関は利息を低くできます。

 

目的別ローンは銀行融資と同様に保証人が必要とされるものが多く、保証人のなり手がいるのであれば有力な選択肢となります。しかし、連帯保証人や保証人は重い責任を負担することから、そのなり手を捜すのは難しいものです。

 

その際、便利なのがキャッシングです。キャッシングでは保証人は必要とされません。しかしキャッシングの利息は高めに設定されているため、計画的に利用する必要があるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日