「ブラックリスト」に名前が載ってしまうとどうなってしまうのか?

キャッシングを利用したことがある人でもない人でも、「ブラックリスト」と呼ばれる存在を耳にしたことがあると思います。そこに名前が載ってしまうと、今後の融資が利用しづらくなってしまうということはありますが、ブラックリストという名前のファイルが存在するわけではありません。

 

簡単に仕組みを説明すると、キャッシングやクレジットカードを利用すると、使用状況が信用情報機関に記録されます。きちんと返済をしていれば問題はないのですが、返済が遅れてしまったり返済ができなかったりすると、悪い情報が信用情報機関に記録されてしまいます。

 

この状態をいわゆる「ブラックリストに載った」といいます。信用情報機関は会社ごとに持っているわけではなく、金融業界で情報を共有しているため、一社でも問題を起こしてしまえば、別の金融機関も利用できなくなってしまうわけです。金融機関としても、問題を起こしたことがある利用者にお金を貸すのはリスクが大きいわけですから、実に合理的な仕組みだと思います。

 

どのようなことをするとブラックリストに載ってしまうの?

信用情報機関に悪い情報が載っている状態がいわゆるブラックリストですが、どのようなことをするとブラックリスト行きなのでしょうか。金融機関にとって問題なのは、言うまでもなく貸したお金を返してくれない客です。今回返してくれなかった客が、次はきちんと返してくれるとは当然思えませんよね。

 

本人はきちんと返済するつもりだったとしても、うっかり返済日をかんちがいしたり、忘れてしまうということがあるかもしれません。返済が1日や2日遅れても、いきなり二度と借入ができるなんてことはさすがにないと思います。もちろん信用情報機関に記録は残りますが、今後の利用にも大きくは影響しないはずです。ただし、返済が遅れるのが当たり前になってしまうと、やはりブラックリスト扱いされてしまう可能性が高まりますので、返済日はきちんと確認するようにしてください。

 

返済が遅れるどころか、返済できなかったという人はもちろんブラックリストに載ってしまうのは確実です。何ヶ月も返済が遅れてしまうような人物には、お金は貸したくないと考えるのは金融機関にとっては当然でしょう。延滞どころか、最終的に返済できなくなって債務整理という手段を選んだ場合にはどうなるのでしょうか。

 

債務整理には何種類か方法がありますが、借金を減らしてもらったり借金をチャラにしてもらう方法で、金融機関からしたら不愉快なのは言うまでもありません。確かに債務整理は人生をやり直すための手段で、きちんと法律でも認められている行為ではありますが、ブラックリストに載ってしまうことは避けられないでしょう。

 

ブラックリストに載ってしまうと生活が不便になる?

そもそもブラックリストに載ってしまうと、どのような影響が出てしまうのでしょうか。キャッシングやクレジットカードを利用するためには、申し込みをしたときに審査をしてもらう必要がありますよね。ブラックリストに名前が載っているかどうかは、審査における最重要な判断基準ですので、審査に通らなくなるでしょう。

 

お金を貸しても返してくれない相手にお金を貸したくないというのは、個人でも金融機関でも同じなのです。基本的にブラックリストに載ってしまうと、キャッシングやクレジットカードの利用は難しくなると考えて間違いありません。それだけではなくお金を借りること全般が難しくなってしまい、自動車ローンや住宅ローンの利用もできなくなってしまいます。どれだけ不便になるかは少し想像すればわかると思います。ブラックリストに名前が載ってしまうということは絶対に避けなければいけません。

 

いつかは消えるブラックリスト

借りたお金はきちんと期日までに返済するようにした方がいいのですが、万が一ブラックリストに載ってしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか。唯一の解決方法は、一定の年月が経過することです。そうすればブラックリストから名前が消えて、再び融資を受けられるようになります。

 

どれぐらいの年月で消えるのかということですが、最短で5年でブラックリストから消してもらうことが可能なようです。延滞している場合にはすぐに返済を再開すれば、そこから5年後には問題なく金融機関が利用できます。債務整理にはいくつか種類があり、任意整理と個人再生に関しては返済が完了してから、自己破産は裁判所に認められてから5年間のカウントが始まるようです。

 

つまり返済も手続きも取らずに、延々と返済から逃げ続けている状態ではブラックリストに載り続けてしまいます。債務整理をしたからといって、二度と金融機関が利用できなくなるわけではありません。確かに一定の年数は利用が制限されますが、それでも借金が残り続けるよりはずっとマシではないでしょうか。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日